家庭教師は先生と生徒のマンツーマンの授業であるため、先生の教え方や知識レベルが大切なのはもちろん、先生と生徒の相性が合うかどうかが一番重要だと思います。

大手の人気のある派遣会社であれば、登録している先生の数が多いため、もし万が一先生との相性が合わなかったり、先生との間に何かトラブルが起きた場合に、すぐに先生を変えてもらうことができるので良いと思います。

また派遣会社がしっかりしていると、先生のサポート体制もしっかりしており、質の良いと評判の先生がたくさんいます。

逆に個人が経営しているような小規模な派遣会社は、必然的に先生の数が少なく、トラブルや相性が合わなったことで先生を変えてほしい場合に、すぐに対応できなかったり、先生の選択肢が狭かったりしてしまいます。

場合によっては一人の先生がたくさんの生徒を掛け持ちして教えていることもあるため、都合の良い曜日が合わないといった問題も出てきます。

また家庭教師を契約して始めるにあたって、教材を買ってそれを使って教えてもらうような会社もあります。

そうなると、宿題を見てほしい、テストで間違ったところを見てほしい、○○の教科を中心にやってほしいといった細かな希望が受け入れられにくくなります。

よって、教材などを買わなければならない派遣会社ではなく、教えてもらいたい内容を自由に選択できるような派遣会社のほうが良いと思います。

そして派遣会社はいったん家庭教師を派遣してしまうと、それ以降はそれほど関わりが無くなってしまいがちですが、定期的に先生だけでなく生徒の家庭と連絡を取りあえるようなサポートがあることが必要だと思います。

家庭教師は塾とは違って、家に来てもらって時間や曜日を自由に選べるというメリットはありますが、やはり先生との相性が合うかどうかが一番重視すべきであり、難しい問題だと思います。

 

おすすめ記事

管理人おすすめ家庭教師