誰が習うのかというところを一番に考えて

習う側には勉強、学習能力に特徴があると思います。

勉強すること自体が好きか嫌いか、宿題などを一人でできるのかできないのか、実際の能力はどれくらいのものなのか。

また家庭教師に習うことで「どこらへんまで求めるのか」で、どこの会社を、またはどんな人を選ぶのかがかわってくると思います。

まず大事なのはその子の性格に合わせてもらえれるかどうか、面談やらカウンセリングをして担当を決めてもらえれるかだと思います。

性格的におとなしく自分から質問や希望、また何がわからないということをいえないこが結構います。

このこたちには先生のほうからこまめに質問をなげかけたり、テストや問題集などの様子をみて、ここがわかってないんじゃないかと見つけてあげれるような人がいいです。

また、宿題を出してもやってくれないようなこたちには、どうしてとか何が必要ってことを怒るということよりしっかりと伝え、やりとげさせれる人が必要だと思います。

どこらへんまで求めるか

大きくは「難関校への受験対策」「一般的な学校への受験対策」「学校の授業についていけれるように」などでしょうか。

やはり大手の評判会社は受験対策をうたっているだけあって、先生の学力が受験対策はばっちりだと思います。

自分で勉強がある程度できるこは大手の実績を出している家庭教師を考えられたらと思います。

基本的に自分である程度できるこはどんな場所でどんな先生になってもかわらず勉強できていました(私の担当した範囲ですが)ようは自分のわからないところをしっかりと教えてもらえれたら問題ないようなので。

反対にいわゆるおちこぼれをどうにかしたいというこには、一人ひとりの性格をみて、担当ややり方を考えてくれる会社を選ばれたほうがいいと思います。

受験の難しい問題ができるというより、先生の性格や人生経験、教え方ややさしいテキストを用意してあります。

 

おすすめ記事

管理人おすすめ家庭教師