有名大学を目指している受験を控えた高校二年生に取っては、家庭教師との相性はとても重要なな事である。

しかし、やはり第一に家庭教師を選択するにはその家庭教師の経歴は先ず重視しておくべきである。

国立大学の出身もしくは、有名私立大学の出身なのかこの点でも受験生の志願する大学により近い方が好ましい。

それから、次に、考えられるのは

学生なのかプロなのか?

それは、受験生の性格を見極める必要があります。

家庭教師とは、集団授業で理解できなくても先に授業が進んでしまうのでついて行けなくなる受験生が必要とする傾向があります。

特に、おとなしい受験生は理解出来てなくても質問が出来ないのです。

そこで、マンツーマンで対応してくれる家庭教師が必要なのです。

ですから、学生よりは経験豊富なプロの方がおすすめです。

しかし、ここで必要なのが料金の設定です。

基本的には、学生はアルバイトそしてプロは固定給もしくは歩合制で働く人が多くそれぞれの、家庭教師によって異なる場合もあります。

ですから、プロの方が少し料金の設定が高いと思います。

そして、ここまで家庭教師の経歴と料金についてお話して来ましたが、後は男性か女性かと言う問題です。

これはやはり同性をお勧めします。

少しでも心を開く方が質問も増えてくるからです。

そして、最後に1番の家庭教師の選び方のポイントは授業直前まで対応してくれるのか否か。

志望大学への問題出題傾向など、やはり少しでも長い期間マンツーマンで対応する家庭教師がより選ばれると思います。

長い期間マンツーマンで授業することは、授業生のウィークポイントを徹底的に指導でき、またどの様に指導するのが優良なのかと家庭教師側からも判断してくれるからです。

 

おすすめ記事

管理人おすすめ家庭教師