子供に私立中学を受験させたい場合に、どのような家庭教師を探したらいいのかですが、まず小学生の場合、家庭教師との相性が大事なので、その点を重視して選んでいきたいところです。

子供はどうしても集中力ややる気にムラがありますし、根気よく教えてくれて、相性がよく、子供が好きな家庭教師でないと、なかなか続きません。

ですから、子供の目線に立って教えることのできるような家庭教師を、人格重視で選んでいくようにします。

大手評判の塾などと提携した家庭教師センターなどだと、模擬試験なども受けさせてくれて、常に偏差値がどのくらいのところにいるか客観的に見ながらやっていけるので、中学入試のためにはノウハウが確立しているので良いかと思います。

ただ、子供との相性や家庭教師の人格を重視したいので、そのあたりの配慮をしてくれる家庭教師派遣センターを選ぶようにした方がいいです。

子供と家庭教師の相性をしっかりと確認しながら派遣してくれる家庭教師派遣センターでは、まず子供がどういう性格であるか、どういうタイプであるかを面接によって確認してくれて、また、家庭側の希望も受け入れてくれます。

子供がおとなしくて真面目なタイプであれば、それに合った、穏やかな性格の優しい家庭教師を選んで派遣してくれます。

小学生は、先生を好きになれば、やる気を出して勉強するようになるものです。

逆に、家庭教師との相性が良くなければ、やる気を失ってしまいかねません。だから、ともかく性格的に合う先生ということが一番大事で、重視すべき点となります。

また、実際に派遣された先生と何度か勉強をしてみて、もしも合わないようだったり、結果が出てこないようであれば、また別の先生に変えてもらうこともできますから、家庭教師派遣センターに登録しておくのが良いかと思います。

家庭教師はだいたい有名大学の大学生が多く、あとは大学院生やプロの家庭教師もいますが、できれば中学入試の指導をした実績のある人を選んだほうが良いと思います。

大学名は、必ずしも東京大学などではなくても大丈夫です。

偏差値が高い大学の学生だからといって、家庭教師として優れているとは限りません。

いかに子供をやる気にさせて、よいところを伸ばしてくれるか、そのあたりのスキルの高い先生を選ぶようにしたほうが良いです。

ただ単に競争に強いだけという先生ではなくて、人格的にも優れている家庭教師を選びたいものです。

子供自身とも相談しながら決めていくことが大事です。